水平線

2016年05月23日

5月18日 羅針盤セミナー開催

518日(水)西高第一体育館にて毎年恒例の「羅針盤セミナー」が開催されました。

講師は38期から2名。

新井田孝則氏(音楽家・プロドラマー、ニューヨーク在住)

演題:「日本人初!〜小さい頃からの夢を追い続ける〜」

中村一郎氏(研究者・北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター講師)

演題:「人と動物に共通な感染症の研究〜答えがひとつではない問いに対して考え続ける〜」

 

実施にあたっては、在校生にご子息がいる同期メンバーに、事前にヒアリングをして企画を固めていきました。生徒と双方向で交流できるよう質問時間を多めに取ろうと、講師の講演時間を例年よりも若干短くしたほか、なんと!校長先生のご挨拶も省略させていただきました。(校長先生、すみません。。。)

子どもの頃からの夢に向かって一直線に突き進んできた新井田君と、人間のための研究が動物の命の犠牲の上に成り立っているという、答えのない問題に日々向き合っている中村君。新井田君のドラムソロから始まった講演を、後輩たちは最後まで興味深く聴いていました。2人の講演終了後はねらい通り(?)生徒からもたくさんの質問が出て、最後の締めは在校生と38期、さらには先生方も含めてみんなで「拍手喝西!」、という大盛況に終わったセミナーでした。

 

<以下、生徒のアンケートからの抜粋です>

0.1%の可能性にかけるということは、最初からあきらめることとは大きく異なることだとおっしゃっていたことを、自分のこれからの選択においても心にとめておかなければならないと感じました」

「今僕たちが解いている問題とは違い、答えへの道がないものを必死で探す姿を尊敬します」

「お二人のように、自分がたどってきた人生を誇れるような人間になりたいです」

「世界に出て活躍している人たちは、自分の意見を持っていて強い信念を感じたので、自分も持てるようにがんばりたい」

「僕も羅針盤セミナーに出て講演したいと思った」

「印象に残った言葉→『拍手喝西』」

 

38期イベント部:武田(当日MC担当))

羅針盤セミナー写真.jpg
posted by hojinkai2016 at 21:26| Comment(0) | 西高イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: